かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

787

ダイソーの社長ネガティブすぎワロタwwwwwwwwwwwwwww



2012年05月14日 6時現在の短編ネタ

527 名前:地球の裏側 ◆/lYVcP7um2 [sage] 投稿日:2010/09/26(日) 11:41:47 ID:Jc7AqBvj
在中日本人が犠牲って、そもそも、自分で自分を守れない、
その土地の状況をいち早く察知して、大事が発生する前に
逃げることができない、なんて人は海外に出ないでくれ。

国が絡んだら、警察も、軍隊も当てにはできないのだから、
身動きできなくなる前に逃げる準備はしておくものだよ。
日本の外で暮らすってのは、そういう事。
こういう状態で、今、中国にいる日本人は、全てお花畑に見える。
今の状況なら、おいらは、今頃、必タヒで逃げてる。
先だって、この国とコロンビアが関係険悪になったとき、
コロンビア人のおばさんと仕事してる女房と、
何も知らない娘は1ヶ月ブラジルに戻した。おいら一人なら、
多少の事はなんとかなるけど、家族連れてじゃそうは行かんからね。

すでに中国はそういう国であると自分で証明した。在留する日本人、
企業は損得で行動する場合じゃ無い。生きるかタヒぬかで行動する場合です、
すでに。おいらの場合、いざという時は家財道具、財産、全て放り出せるように、
持ち物は車くらいしか無いよ。家は借家だし、銀行に大きな預金もない。
そして可能なら、常にドルの現金は、家の金庫に置いてある。
まぁ、自営業で浮き沈みがあるから、
常に現金が用意出来てるとは言いがたいがね。

まぁ、アメや西欧の国々だと過剰な配慮かも知れんが、
少なくとも地の果ての小国なんか、いつどう転ぶか判らんのだから、
当然の配慮です。で、今回は、中共様がやらかした。
今の中国は、南米よりはるかに危険。
日本人は今すぐ、中国から出るべきでしょう。
何度大陸でやられたら気が済むのかね。
通州、南京、終戦時の満州、歴史に学べと言いたい。
少なくとも、南米では「日本人」である事が理由で、大量殺戮は起きてないのだよ。
それでも、社会情勢によっては、全て投げ打って、避難する用意をしてる。
それを甘く考えている人は、犠牲になるべくしてなった、
と言うより他にないと思うが・・・同じ海外在留として、
可哀想とは思うが同情はできない。一応経験者として言っておこう。

犯罪史上最も有名な殺人鬼エド・ゲ○ンや、秋葉原通り魔殺人を犯した加藤智大など、こうした犯罪者の多くが思春期において、性を否定されたり、性から遠ざけられたりする教育を受けてきた。この事実を規制派は恐らく認識していないし、するつもりもないのだろう。

Twitter / 甲賀志 (via gutchom)(via tlav95tlav95)



2012年05月14日 6時現在のトレンド画像

【マメ知識】大事なポスターに穴をあけない貼り方

2012年05月14日 6時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。