かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

770

水族館の触れ合いコーナーで「こいつ・・・できる!」と思わせる行動



2012年05月12日 9時現在の短編ネタ

女の人の言う「もういいよ!」が、本当にもうよかったケースは、まだ世界で1例も報告されていないという。

takaneet (takaneet) on Twitter (via yasunao)

2010-09-23

(via tlav95tlav95)


568 :日出づる処の名無し:2012/03/28(水) 12:35:25.49 ID:6ivAQbkc
大正デモクラシーというバブル時代

関東大震災

昭和初期エ○グロナンセンス

その反動で統制時代
http://forest-baku.blog.ocn.ne.jp/aozora/2009/12/post_7b80.html
http://forest-baku.blog.ocn.ne.jp/aozora/2010/01/post_8c4d.html
http://katorishu.exblog.jp/15054410/

現在はこのエ○グロナンセンス期だと思われ、もうすぐこのままではいけないという
強烈な反動が出てくると思われる。現在持て囃されているような軽薄な人間は
押し並べて軽蔑の対象になることであろう。

569 :日出づる処の名無し:2012/03/28(水) 12:43:26.01 ID:6ivAQbkc
現在、関東大震災後の大恐慌と徒花のように咲いたエ○グロナンセンスに
材をとったノンフィクションを執筆中だが、現在と昭和初期の世相が
あまりによく似ていて驚く、というより怖いくらいだ。電車の宙づり広告に
明日発売の週刊文春と週刊新潮の広告がでていて、
日本は5年後に破綻する等々、怖い文字がおどっていた。
http://katorishu.exblog.jp/16358868/

昭和6年(1931年)、政友会総裁・犬養毅が組閣した際も、犬養に請われ
4度目の蔵相に就任し、金輸出再禁止(12月13日)・日銀引き受けによる
政府支出(軍事予算)の増額等で、世界恐慌により混乱する日本経済を
デフレから世界最速で脱出させた
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E6%A9%8B%E6%98%AF%E6%B8%85

忘れてはならないのは、日本経済は金本位制離脱と財政支出により驚異的な
回復を遂げたこと。今回もそうなる。

570 :日出づる処の名無し:2012/03/28(水) 12:55:34.50 ID:tzMs8+Ej
当時の日本政府は無能ではないぞ。
今回は何が拙いって政府が機能していない。
機動的対応どころか場当たり的パッチ当てすら出来ない体たらくなのだから
政権党が交代しない限りどうにもならん。


2012年05月12日 9時現在のトレンド画像

何か兄ちゃんが作ってて吹いた

2012年05月12日 9時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。