かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

616

進○ゼミに電話してオペレーターと戦ったったwwwwww



2012年04月25日 14時現在の短編ネタ

水野晴郎氏には

「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に良いもんですね!」

と締めくくりに必ず放つ決め台詞があった。

この常に固定と思われた水野氏のセリフだが、
実は3段階評価で映画のおもしろさを採点していたというのだ。


<評価: 絶賛>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 素晴らしいものですね」

<評価: 面白い>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 良いものですね」

<評価: イマイチ>
「いやぁー、映画って本当(ほんっとう)に 面白いものですね」

ではどれぐらいの割合でこの言葉を使い分けていたのかを、日本全国の人々の記憶にどの言い回しが残っているのかを検索数で調べる事で、実際のおおよその使用割合を算出してみた。

 -検索語句ー              -検索件数ー -割合-
”水野晴郎 本当に素晴らしいものですね” 420件  約25%
”水野晴郎 本当によいものですね”     888件  約52%
”水野晴郎 本当に面白いものですね”   364件  約21%

非常にリアルな結果が返ってきた。そして、全て3つ星といった商業的評価ではなく実にシビアな判定を行っていた事がわかる。20年以上続いた水野氏の解説でイマイチが2割もあったかと思うとぞっとする。
表面では満面の笑みで時間の限り作品を絶賛し、最後の感情を込めて「ほんっとうに面白いですね~!!」とシメていたのは、実は力の限り突き落していたかと思うと、背筋が凍る恐怖を覚えてしまいます。

80年代後半~90年代前半を回顧するブログ (via wakkk) (via syanaash) (via umiushi1102) (via korori39) (via sudoovi) (via 337) (via minadzki) (via yamatema) (via non-117) (via dnpp) (via syumari) (via rywzie) (via darylfranz) (via no-theme) (via joker1007) (via konishiroku) (via handa) (via yamato) (via antoncafe) (via less-is-more)

2010-07-19

(via quote-over100notes-jp) (via numbdizzy)(via tlav95tlav95)


目撃ドキュ3 ◆サムかった、披露宴・・・◆
http://life.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1033059275/

336 :愛とタヒの名無しさん:02/10/05 21:16
最高に寒かった結婚式。
大学時代、体を売っては何十人もの男にモノを貢がせ続けた彼女。
クラブで働き、バイシュン紛いの日々。。。
ある日結婚するという知らせが来て、蓋を開けたら、なんと相手は、
遊び相手(バイシュン?援助○際?の相手)の親友・・・
新郎は、彼女の過去は一切知らないという事で、
色々な事に対する彼女の口止めと手回しは、そりゃ見事でした。
でもその相手、誰が見ても良い人って感じで、
40才の割には(ちなみに新婦は25歳)ナイスミドル。
名もない会社勤めてはいるが、親が土地持ち。
8000万のマンションを両親からプレゼントされたそうな。
やっぱり最後まで、アナタってお金命なわけね~・・・
まぁでも幸せになってくれ、、、って感じで、当日を迎えたものの、
何も知らない新郎に向かって、全てを知っている新郎の友人Aのスピーチ、
「○○君は、まだ色々、知らないことがあると思うけど、
まぁ、そのうち、色々互いに知っていってほしくて、
というか、まぁ、、、ね、でも、お幸せに・・」
としどろもどろ。
理由を知ってる新婦友人も全員顔を上げられず・・・
会場はシーーーーン・・・
それでも何も知らない友人は、そうだな~これから互いに知って行こう!
っていう笑顔。
はぁ~2時間ドキドキしっぱなしでしたわ。
過去の黒い女は大変だぁ~
でもその旦那、妻の元バイシュン相手と家族ぐるみで今でも何も知らずに
仲良くお付き合い、、、何だかな~~~。
結婚てそんなもんなのかな。。。





2012年04月25日 14時現在のトレンド画像

【社会】なぜ日本では報道されないのか

2012年04月25日 14時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。