かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1736

水族館の触れ合いコーナーで「こいつ・・・できる!」と思わせる行動



2012年10月03日 20時現在の短編ネタ

目撃ドキュ 26◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1148380185/

294 愛とタヒの名無しさん:2006/06/06(火) 20:10:10
新婦のドリームでリングボーイとフラワーガールをやらされた新郎の甥(5才)と姪(4才)の兄妹。
甥は吐くので生クリームがダメ、姪は喘息もち。

ケーキサーブで新婦直々に甥に手渡し、甥が姪にあげると
新婦「好き嫌いしちゃだめだよ。ちゃんと何でも食べなきゃ」
甥母「すみません、生クリームは吐いちゃうので…」
新婦「アレルギーじゃないんでしょ?甘やかしちゃだめですよ。(甥)君、ちゃんと食べてね」
そして、甥は強制に耐えられず、何も口にしないまま走って会場の外に逃げ出し、
甥父とロビーで待機してとうとう戻ってこなかった。

ブーケトスのとき、サプライズで姪を呼び、
甥母「娘は喘息なので、走れないんです。すみません」
新婦「そんな長い距離じゃないし大丈夫ですよ。喘息くらい平気ですって」
甥母「でもまだ小さいので、あまり無理はさせられないんです」
新婦「…あーそうですか」
そしてブーケトスが終わった後、マイクを使って
新婦「本当は新郎姪の(姪)ちゃんにあげたかったんですが、お断りされちゃいました」
と発言。
新郎から「喘息なんだから仕方ないだろ」とフォローが入ったものの、姪はショックでその場で大泣き。
あげく発作を起こして救急車呼ぶか!?という騒ぎに。

新婦は新郎親族からはもちろん、新婦親族からもスカン食らったが、
半年経つ今も何が悪いのかまるでわかっていない。
冷たい親族に「私は悪くないでしょ!?」→説教されるを繰り返している。
新婦妹からの報告でした。

295 :294:2006/06/06(火) 20:14:49
書き忘れました。
ブーケトスは式と披露宴で二回やり、
姪のサプライズ参加は披露宴での二回目のほうです。

296 :愛とタヒの名無しさん:2006/06/06(火) 20:17:02
ひどいな・・・サムいというよりドリーマーのイタイ披露宴だよそれ

298 :愛とタヒの名無しさん:2006/06/06(火) 20:50:25
>294
その新婦っていうのはあなたの実姉なんですね?
戻ってくる日も近いな。




すべての研究分野に研究者がいるのは、日本、アメリカ、ヨーロッパだけであると言われています。日本が基礎科学研究を行うことで、全人類が新たな知識を得ることができています。これは人類に対する大きな貢献、国際貢献と言えるのではないでしょうか。発展途上国から日本の科学研究が羨望の目で見られていることを忘れてはいけません。

純粋基礎科学研究を担う役割をやめる、というのも確かに国が取るべき選択肢の一つでしょう。産業応用だけに特化し、先進国の後を追い、製品化だけを考えるのも一つの方法です。

ただ、それは日本が先進国であることをやめる、いいかえれば、人類に対する貢献をやめるということでもあります。そして一度やめてしまったら、そこで人材は途絶え、もう一度復活させようにも長い時間がかなるでしょう。優れた人材は国外に流出し、他の国を潤すことになるでしょう。

それが日本の総意だとしたら従うしかありません。しかし、本当にそれでよいのか、国民とじっくり対話してから決定していただきたいと存じます。

金の卵を産む鵞鳥を、お腹がすいたからと言って食べてしまえば、もう金の卵は手に入らないのです。

緊急メッセージ、未来の科学ために - 科学政策ニュースクリップ (via mug-g) (via miniatures) (via kml) (via kondot) (via yukkila) (via kuzu) (via gkojax)
2009-11-16 (via gkojay) (via daikantou) (via odaystm) (via tex) (via nashi-kyo) (via zaki123) (via megane4141) (via naminorineko) (via bakedroy) (via ambinc) (via edieelee) (via shinjihi) (via yuasa) (via snk1) (via highlandvalley) (via pcatan) (via aoksh)(via tlav95tlav95)



2012年10月03日 20時現在のトレンド画像


2012年10月03日 20時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。