かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1528

ことわざの一部を「おまえら」に変えると切なくなる



2012年09月10日 23時現在の短編ネタ

目撃ドキュ23◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1138370851/

571 :愛とタヒの名無しさん:2006/02/09(木) 07:20:35
話豚義理ですまんが。

ありがちな話ではあるけど、私がいた大学のサークルは
「リアルビバヒル(=ビバリーヒルズ青春白書)」と呼ばれるくらい
一部の友達グループ内でのくっついたり離れたりが盛んだった。
で、その中の1組が最終的にゴールイン。披露宴にはサークルの友人多数。
新婦の元彼・元彼の今彼女・新郎の元彼女・その今彼とその元彼女…と、
系図を描くと新郎新婦を中心に3分の2くらいが義理の兄弟姉妹になれるという凄惨さ。
(幸い私は義兄弟姉妹の輪の外)
友人スピーチでもその呪縛からは逃げられず、披露宴と二次会を含め、

「新郎のおめがねにかなう新婦はまさに理想の女性で私など足元にも…」(新郎元彼女)
「憧れの的だった新婦は、他の男には目もくれず一途に新郎のことを想い続け…」(新婦元彼)
「お2人の微笑ましい関係を見守ってきた者としてこの良き日に…」(新郎に彼女(新婦にあらず)を略奪された男)

友人一同、スピーチの裏の鈍い刃を感じ取ってにこりともしなかった。
新郎新婦は無邪気に「えー、そんなぁ」みたいでそこも薄ら寒かった。
ちなみにブーケトス・ガータートスにはもれなく義理の兄弟姉妹たちも…
ブーケをとったのは新郎を新婦に略奪された元彼女。
帰り際に見てみたら、トスの時は何ともなかったはずの百合の花が何本も根元からぼっきり折られてた。
ガーターを取ったのは新婦にフラれた男で、すごく大事そうにガーターを撫でてた…

想像力がかきたてられる素敵な披露宴でした。




目撃ドキュ23◆◇サムかった、披露宴…◇◆
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1138370851/

561愛とタヒの名無しさん:2006/02/09(木) 01:43:46
4年前の元同僚の結婚式。

式自体はごくごく普通に進み、変な余興とかがあったわけでもないんだけど、
何がサムかったのかというと、
・司会者も友人達も、誰一人新郎新婦の「なれそめ」を語ろうとしないし触れない。
・新郎新婦がテーブルを回っても、ほとんどのテーブルで新郎側では新婦のことは
スルーされ、新婦側では新郎が目を合わせるだけでスルーされる。友人たちは明らかに言葉を選んでいる。
・新郎新婦の親が一組しか出席していないことについて何も触れられず
何事もないかのように披露宴が進む
・デキ婚であることはオープンになっていたにもかかわらず、友人・親戚はそのことに触れない。
という、微妙な緊張感というか、気苦労が充満していた披露宴でした。

・・・で、タネをあかせば新郎新婦は連れ子同士、つまり血縁のない義理の姉弟だったわけで。
漏れは新郎からこっそり聞いて知っていたのだが、二人が高校生ぐらいの時に
親どうしが再婚、ある日突然姉(弟)ができて、大学生ぐらいでそういう関係(「付き合う」ってのも変だし)になり・・・
という、どこのエ○ゲかどこの少女漫画かというなれそめで、こっそりつきあっていた同棲もしていたが
どちらも社会人になり「このままズルズルといくわけにもいかない」と、関係の公表と結婚の準備をはじめた矢先に妊娠発覚、
あわてて結婚式をあげた。そのため周囲の人間は新郎新婦の関係の理解を消化しきれていなかった。
新郎新婦はお互いの周囲の人間に「姉」「弟」として紹介され、そう認知されていたので
「彼(彼女)と結婚します。じつはもうお腹に子どもがいるんです」と言われて「!?!?!?」な状態だったし、
妊娠発覚後はオープンになっていたとはいえ、(漏れもそうだったが)「多くの人がいる前でどこまで言っていいんだろう」
「あれは言っちゃまずいかな」というように変に気を遣うところもあった。
二次会で盛り上がれたからよかったけど、なんだか疲れる披露宴でした。


不幸スレの流れを見て思い出したんだけど、あっちに書くと怒られそうだしネタ的にもこっち向きかなと
思われるので書きました。古い話で流れ豚切りスマソ。

562 :愛とタヒの名無しさん:2006/02/09(木) 01:50:08
>>561
せっかく書いてくれてアレなんだけど、
そういうのってリアルであるとちょっときもいね。

566 :愛とタヒの名無しさん:2006/02/09(木) 03:02:33
>>561
なんで披露宴をするんだろうか。
法律上はセーフだから堂々としてればいいんだよ!
とでも思ったのだろうか。
人に気を使わせる事なんて公表しなくてもいいのに。

572 :561:2006/02/09(木) 07:21:12
>>566
式は新婦母(実母)の強い希望だったそうです。
新郎新婦は事情が事情だし、デキコンなので、式披露宴はやらないでおこうと思ったらしいですが。
新婦母は結婚式、それも「フツーの」結婚式にこだわったらしいです。


二人は時間をかけて周囲に理解してもらうつもりが、妊娠で計画がご破算に。
二次会とかでは「油断した藻前らが悪い!」とつっこまれていましたが。

二人の話をきいたところでは、そういう「禁断の関係に近い関係」だから燃え上がったという
フシもあるみたいで(まさにエ○ゲ)
今でも夫婦仲は良いみたいだけど、子ども達にどう説明しているのか気にかかります(w





2012年09月10日 23時現在のトレンド画像

【なるほど】美大生(♀)はこんな言葉で落とせる

2012年09月10日 23時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。