かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1314

神崎かおり(18) SODより芸能活動再開 「VIPの皆さん応援お願いします☆」



2012年07月15日 14時現在の短編ネタ

目撃ドキュ14 ◇◆サムかった、披露宴・・・◆◇
http://life7.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1108981608/

338 :愛とタヒの名無しさん:05/03/09 14:21:02
小ネタだけど数年前の会社の先輩の結婚披露宴の話
(前提:私は先輩とは別部署。先輩と入れ替わりに配属)

 男ばかり20人くらいの中の紅一点だった先輩、部署全員を招待したのは
いいが、自分と入れ替わりに来た部長まで義理で招待した。
部長も当初「俺、彼女の事あまり知らないんだよな…」と言いつつ出席。
この時点でなんかイヤな予感がしたけど、招待したのは先輩だしな~と
思って自分は何も言えなかった。
 初めは和気藹々と歓談していたおじさんたちも酒が入るにつれてメートルが
上がりだし、とうとう酒乱のケがある部長にスイッチが入った。
「おい、祝儀集めるぞ!」と言い出してみんなから小銭を集め始めたのは
まだ序の口で、「いい気分だから歌いたい」と言い出した。
もちろん余興は最初から決まってる。ちょうどそこに2次会の案内をしに来た
幹事が通りかかり、部長の隣にいたオヤジが強引にねじ込んだ。
幹事はしぶしぶ承諾して(するなよ…)、飛び入りでカラオケが始まった。

流れた曲は部長の十八番『兄弟仁義』……。

気持ち良く歌い上げる部長を微妙な空気が包んだ。先輩も困惑顔。
自分の時は絶対招待しないぞ、と誓った。
よく知らない人を招待するのは危険だと思う。

339 :愛とタヒの名無しさん:05/03/09 14:25:52
しかし部長なら招待せざるを得ないのではないかい?
こういう義理の招待客が一番困る。
大きな顔するし。




576 名前:水先案名無い人 sage 投稿日:2007/03/28(水) 22:57:37 ID:d2jOfRgr0
盲導犬の訓練で「渡ってはいけない状況」で主人が「GO」指令を出すのがある。

言う事を聞いて渡りだすと怒られる。

混乱するワンコ、「どうして!?ぼくはご主人の言う事聞いてたのに!?」

繰り返される「渡ってはいけないGO」

やがてワンコは気付く

「ただ主の望むがままに従うだけが忠義ではござらぬ。
 刃向かってこそ示せる忠義もござ候」

ベア速 これ考えた奴天才だろ、と思ったコピペ (via mi8-r) (via drfaust) (via plasticdreams) (via mcsgsym, miyamotomiya) (via tra249) (via zaki123) (via megane4141)(via tlav95tlav95)



2012年07月15日 14時現在のトレンド画像

【おもしろ】敵「どうだ怖いだろう!」

2012年07月15日 14時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。