かみおまの脳内
スポンサード・リンク
プロフィール

炭鉱夫

Author:炭鉱夫
かみおまです。1日数回、短めのネタと他ブログのオモシロ記事をご紹介させていただきます。
当ブログが正常に表示される環境はGoogleChromeやSafari、FireFoxの比較的新しいブラウザで閲覧した場合のみです。

ゆるゆるで更新させていただきますので温かい目で見守っていただけると嬉しいです。

ブログ管理人様へ
当ブログについてをご覧下さい。

※当サイトが掲載・配信しているコンテンツの著作権または肖像権は各権利者様に帰属致します。

当サイトは著作権の侵害を目的としたサイトではございません。掲載に問題がある記事・またはコンテンツがございましたらお手数ですが私のTwitterアカウントにDMを飛ばして頂けると幸いです。確認後、適切な対応を取らせて頂きます。

逆アクセスランキング
アクセスランキング
逆アクセス上位3位までのサイト様の記事タイトルを当サイトの記事タイトルに使わせていただきます。 逆アクセス上位サイト様を優先して紹介させて頂きます。

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1156

会社のデブとのセ○クス気持ちよすぎワロタwww



2012年06月28日 9時現在の短編ネタ

偉い人には、あたかも彼が偉くないかのように接しなさい。そして、偉くない人には、あたかもその人が偉い人のように接しなさい。そうすると、そのどちらからも君は驚きの目で見られるだろう。

彼らは、そんな扱いを受けたことがないからだ。そして、どちらもが君に感謝し、好意を持つだろう。偉い人は、本当は普通に接してもらいたいものなのだ。そして、偉くない人は、偉い人のように扱ってもらいたいものだか

ユダヤ人大富豪の教え : akiyan.com (via usaginobike) (via ishida) (via oosawatechnica) (via yaruo) (via otsune) (via kogure)

2010-07-09

(via tlav95tlav95)


76 :日出づる処の名無し:2011/09/14(水) 18:01:34.44 ID:B6nm0VEd
切り上げっていうか、市場経済国になるなら貨幣レートも
市場任せになるべきなんじゃないの?

78 :日出づる処の名無し:2011/09/14(水) 18:05:39.95 ID:HwSjWDe7
>>76
いきなり市場任せというのは恐ろしいから、昔の日本みたいに
徐々に替えていくことになるだろうけどねぇ。

1ドル360円の固定相場だったのが、今や75円だもんな。
日本が40年ぐらいでやったことを中国が4,5年で実現、というのは
いろいろと問題発生しまくりだろうから、中国の将来を考えるのであれば、
とりあえず切り上げをしておけ、と思うけどねぇ…

83 :日出づる処の名無し:2011/09/14(水) 18:29:35.49 ID:XBdmQvXN
>>78
実際のところ人民元の切り上げをしないと生活物資のインフレの抑制すら
怪しいんだけど、これをやっちゃうと、工業系がさらにタヒぬという
身動きがとれない状況だから… ただ、人民元の切り上げは即タヒで放置は
衰弱タヒだから放置のほうがまだ生きる見込みがある。
(ってもタヒぬまでに状況が勝手に改善するのを期待するって事でしか無いけど

97 :日出づる処の名無し:2011/09/14(水) 20:09:17.22 ID:Bt0MCoaE
>>83
人民元切り上げなくても、長期的には物価上昇で同じようなコストになるだけだしね。
ただ、インフレは得てして貧富格差のドライブになるから、
今の中国だとかなり危険な気が。

個人的には通貨管理を保ったままゆっくりと切り上げていくのが
ベターだったんじゃないかと思う。まあ、これだけ外国から低レート固定策で
暴利をむさぼってるとか非難されると、面子的に切り上げはもう難しいだろうから、
通貨を低く保ったままだと物価が本当にコストバランス状態まで上がっていくのか、
是非経済学の崇高なる実験を続けてみてほしい。


2012年06月28日 9時現在のトレンド画像

【日常】矛盾だらけの世の中

2012年06月28日 9時現在のトレンド記事一覧

関連記事

0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

スポンサード・リンク
検索フォーム
QRコード
QR
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。